医院紹介

院長メッセージ

クボタ歯科 院長  窪田 努

歯を診て、患者を診ず。

街中に歯科医院が溢れる昨今、そのような治療を行う歯科医師も少なくありません。私自身もかつてはそんな歯科医師の一人でした。

今から20年程前、医科大学への進学を希望していた私にとって歯科大学への入学は本意ではなく、卒業後に勤務医として働くも、院長の指示に従ってただ治療に没頭するばかりの日々でした。

そんなある日。医院に置いてあった本を何気なく手にとって見たところ、当時の私では全く見当もつかないような難解な症状を劇的に改善させる歯科医師が紹介されていたのです。

私は衝撃を受けました。

お恥ずかしい話ですが、当時の私は「歯科医師の仕事とは、悪いところをただ削って詰めるだけ」と考えていたのです。そんな私にとって、この本との出会いは歯科医師人生に大きな転機をもたらしたのでした。

「これはスゴイ! こんな治療ができれば患者さんに心から喜ばれるし、歯科医師になれたことを誇りに思える」

そう感じた私は、著者の先生の門を叩くとともに、治療技術を身につけるために様々な勉強会へ通うようになりました。そして勤務先でも積極的に治療へ取り組むようになりました。

「もっと大きな治療がしたい」
「もっと複雑な症状を改善させたい」

それが歯科医師としての成功であると信じ、邁進しました。

その後、1993 年に開業。
医院経営も順調に推移し、の先駆けであるSJCDで講師を務め後輩を育成する立場にもなりました。

− 歯科医師として成功の道を歩んでいる −

そう実感し始めていた頃のことです。

ある患者さんから、
「窪田先生は、私の気持ちを全く考えていない!もう治療は受けたくない」
と言われてしまったのです。

高い技術の習得こそが歯科医師の務めであり、成功への道。
そして、技術があれば患者さんに喜んでもらえる・・・
そう信じていた私は非常にショックを受けました。

と同時に、 「どんなに治療が上手い医師でも、患者さんの希望や気持ちを汲み取ることができなければ、何の意味もない」
ということ痛感したのです。今思えば本当に貴重な出来事でした。

医師にとって最新技術の習得と自己研磨は必要不可欠です。
しかし、最も大事な事は患者さんの立場で診断する事が出来るか。

ただ安易に治療を施すのではなく、患者さんの思いや生活背景の理解に努め、今必要でなければ無理に治療は勧めない。そして予防の大切さを伝えていく。

このような判断ができることが、医師としての大事な勤めであると気付かされたのです。

かつて、職人のように技術向上に突っ走り『歯を診て、患者を診ず』の状態に陥っていた私ですが、患者さんとの出会いの中で様々な気付きを得ながら、歯科医師と言う仕事に誇りを持って仕事と向き合っています。

クボタ歯科の診療方針

  • 患者さんを迎合するのではなく、気持ちを汲み取るよう接する。
  • 歯科医師としての治療技術はもちろん診断力を磨き続ける。
  • 治療内容(手段)ありきではなく、得たい結果(目的)を重視した治療を提案する。
  • 患者さんの無知からくる誤解に対しては、耳の痛いことでも正しい情報をお伝えする。

院長略歴

1965年 4月
京都に生まれる。
1978年 3月
梅津北小学校卒業
1981年 4月
上京中学卒業
1984年 4月
洛南高等学校卒業
1990年 3月
大阪歯科大学卒業
1990年 4月
京都市西京区河野歯科医院勤務
1993年 6月
「クボタ歯科」開院

研修受講履歴

1992年 2月
JIADSペリオ補綴コース18期受講
1992年 11月
本多・木原京都コース1期受講
1998年 1月
東京SJCDマスターコース1期受講

所属スタディーグループ

1993年より
大阪SJCD
1996年より
K's Club
2000年より
京都SJCD(2003〜2006年 京都SJCD会長)
2007年より
OJアクティブメンバー

主な発表

1995年 12月
大阪SJCD例会にて発表
1996年 10月
福岡SJCD合同例会にて発表
2006年 7月
北海道SJCD合同例にて発表
2007年 2月
OJミッドウィンターにて発表(東京)
2007年 9月
OSCSCにて発表(アメリカ・ロサンゼルス)

研修活動(若手歯科医師育成)

2006〜2007年
SGPCにてインストラクター
2008〜2011年
大阪SJCDレギュラーコース インストラクター

医院情報

住所:
〒606-8103 京都府京都市左京区高野西開町41 デリード北大路104号
電話:
075-723-3333
クボタ歯科へのアクセス