保険と自費の違い、とは?

これは、治療を受ける患者さんが困惑するテーマの一つです。
これには保険制度の生い立ちに関係があります。

歯科の保険制度は昭和36年に制定されました。
当時は、今では当たり前のような治療すら普及しておらず「虫歯の洪水」の時代と呼ばれ、歯科医院には開院前から行列ができるような時代でした。

そこで、“最低限ものを食べるために歯が機能する”ことを実現するための応急処置的な治療範囲を“保険適用範囲”に定めたのです。

しかし、それから50年以上も経ち、我々の生活水準は当時と比較できないほど豊かになりました。また、治療においても多くの画期的な治療法が生まれました。

にもかかわらず、保険制度の適用となる治療内容・材料の範囲は全く広がらないどころか、日本全体の医療費高騰により、逆に抑制する傾向に進んでいます。
よって、最新・最良の治療を行おうとすればその多くが保険対象から外れてしまうのです。

豊かさの基準は人それぞれ、最適な治療も患者さんそれぞれ。

保険治療が良いのか、自費治療が良いのか。その究極の答えはありません。
なぜなら、人によって感じる“豊かさ”が違うのと同様に、患者さんによって“最適と感じる歯科治療”も様々だからです。

保険適用外の最新治療であっても、それがあなた自身に合っているとも限りません。

そこで当医院は患者さんに“健康かつ豊かな気持ちで”お口の健康を維持していただく為に、患者さんのご要望に応じた複数の治療法・材質をご提案しています

治療に対する考え方(4つの指標)

これら4つの視点を元に、患者さんのご要望(優先順位)もお聞かせいただいた上で、治療プランをご提示いたします。ご提案の理由も説明した上で、患者さん自身にお選びいただきます。

当医院では、あなたが“健康でそして豊かな気持ち”を保てる歯を、そして何よりあなた自身が納得される治療をご提供したいと考えております。